お知らせ | 名古屋を中心に脳梗塞のリハビリをサポート!

  • 052-433-3500
  • 体験のお申し込み
  • 体験カウンセリング

理学療法士による脳梗塞リハビリは、どんな内容?

2018.03.14

脳梗塞とは脳内の血管の一部に、血の塊が出来てしまってその先の血液供給が滞ることで脳細胞が死滅する病気です。一度死んでしまった脳細胞は復活することはないので、脳梗塞が生じた部位に応じて色々な機能障害に直面することになります。運動機能に支障をきたした場合には、身体の右左それぞえのいずれかに麻痺が出てしまって、歩けなくなったりものを掴むのが難しくなるなどの機能障害が残ることがしばしば経験されるところです。

筋肉に指令を与える中枢である脳細胞が死滅しているので、完全に病気前の状態に回復させるのは困難ですが、そのまま放置するとさらに筋肉がかたくちじんでしまい、機能障害は深刻になる可能性があります。完全に機能回復をすることが困難でも、可能な限り日常生活を送れるようにするのが、リハビリテーションになります。リハビリテーションとは機能回復訓練のことを意味していますが、機能訓練を担当する主な専門家が理学療法士です。

脳梗塞リハビリは、麻痺の種類に応じて「分離運動」ができることを目的に行われています。そもそも機能麻痺には、指が曲がったり・ひじが曲がったり・肩があがるなどの色々なバリエーションがあるのです。脳梗塞発症直後は、能の支配領域にある部位では筋肉の緊張が過剰になってしまっていますが、日数の経過とともに緊張は徐々にほぐれていきます。

発症直後は筋肉の緊張が強い状態になっているので、当該関節などだけを意識的に曲げることは出来ません。そこで一連の箇所全体として運動をすることを目指します。この段階で実践されるのが協同運動とよばれるものです。例えば肘に麻痺が出ていれば、腕全体を持ち上げるなどのリハビリテーションから始まります。肘などだけを動かそうとしても、腕全体がつられて動作してしまいます。肘を動かすことが出来ないからといって、リハビリテーションも行わないまま放置すると、回復するのは一層難しくなります。そこで脳梗塞発症直後であっても、全身状態などをモニターしながらもできる限り早い段階から、脳梗塞リハビリは開始されることになるのです。

その後もリハビリテーションを継続して、肘なり指の小関節なりが、単独で曲げる機能を可能な限り回復した分離運動が出来る状態を目指します。分離運動が度の程度可能なのか、を測る指標に「ブルンストロームステージ」と呼ばれるものがあります。1から6までの6段階で評価されて、3をひとつの境界線として曲げる運動が可能になってきます。4や5などへと数字があがるに従って、より自然な分離運動が可能になっていることを示しています。

理学療法士による脳梗塞リハビリをより効果的にするには、インナーマッスルの活用法に留意する必要があるとされています。インナーマッスルとは、身体の深層に位置する筋肉のことで、臓器を特定の場所に固定する機能を担っていますが、表面の筋肉の筋力を発揮させる上でも重要な役割を担っているのです。表面の筋肉はアウターマッスルといわれていますが、インナーマッスルとの間には密接な関係があるとされています。アウターマッスルが過剰に働きすぎると、インナーマッスルが弱くなりといった相関関係に立っているわけです。

とりわけ脳梗塞による運動麻痺ではアウターマッスルが過剰に働きすぎる傾向が顕著になっています。麻痺する状態は誰にとってもはじめての体験であることが多いので、どうしても普段から使い慣れているアウターマッスルに頼ろうとするクセのようなものが発揮されています。これに対してインナーマッスルは意識することで、普段の生活では活用できない状態も改善することが可能です。そこで理学療法士による脳梗塞リハビリでは、インナーマッスルにも重点をおいたリハビリテーションが実践されているのです。

人気記事ランキング

  • 人気記事ランキング第一位

    脳卒中入院中の話・・・

    本日は利用者さんからいただいた声から記事をかきます。妄想なんじゃないの?と思えるかもしれませんが これが事実です。この記事を読んで私もこんな体験をしたなどありま… >>続きを読む

  • 人気記事ランキング第二位

    脳卒中,退院後のリハビリの選択

    12月になりました。風邪をひいてお休みなっている方もみえます。師走で忙しいかもしれませんが体調管理、しっかりやっていきましょう。昨日利用者さん、ご家族さんから… >>続きを読む

  • 人気記事ランキング第三位

    オシャベリテーションの卒業。笑

    今日は昨日あった出来事を投稿させていただきます。このタイトルで本人様はお気づきのはず。笑 昨日は上肢のアプローチをしており あれ? 今日は会話が少ないな・・・・・… >>続きを読む

脳リハ名古屋 リハビリブログ一覧はこちら

脳梗塞リハビリステーション名古屋の 改善へのこだわりを無料体験で実感して下さい。

  • 052-433-3500 受付時間:月~金 9:00~18:00
  • 体験のお申し込み
  • 体験カウンセリング

お悩み別メニュー

足があがらない
足が動かない・・・とお悩みの方へ
原因とリハビリの可能性は?
 
足があがらない
腕・手が動かない
腕・手が動かない・・・とお悩みの方へ
原因とリハビリの可能性は?
 
腕・手が動かない
社会復帰したい
社会復帰したい・・・とお考えの方へ
原因とリハビリの可能性は?
 
社会復帰したい
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。