お知らせ | 名古屋を中心に脳梗塞のリハビリをサポート!

  • 052-433-3500
  • 体験のお申し込み
  • 体験カウンセリング

3. ラクナ脳梗塞とは

2017.04.03

皆さんは脳梗塞にも様々な種類があることを知っていますか? 中でも脳梗塞という診断を受けた人の中のおよそ半数以上の人は「ラクナ脳梗塞」になっていると 言われています。日本人が最もかかりやすいと言われているラクナ脳梗塞とは一体どのような病気 なのでしょうか? 今回は、ラクナ脳梗塞についてご紹介します。
■ラクナ脳梗塞とは?
ラクナ脳梗塞とは、脳に存在する無数の細い血管(動脈)が血圧上昇によって傷んできてしまい、
徐々に詰まっていってしまうことを言います。血管が破れてしまうこともあるのですが、破れないとそ のまま詰まってしまいます。脳にラクナ脳梗塞ができてしまっても、大きなものではないため症状が
出ないことの方が多くみられます。ですから、自分では気付いていないところで症状が進行している 可能性が高いのです。特にシニア世代の方に多くみられ、症状の進行にも気付きにくいことから、症
状があらわれたと感じた時には既に重度の症状となっている場合があります。 意識がなくなってしまうということはありませんが、手足にしびれを感じたり、急に言葉が話しづらく なってしまったという時はラクナ脳梗塞になっている可能性が高いので、早めに病院へ行くようにし
ましょう。
■ラクナ脳梗塞の怖いところ
ラクナ脳梗塞自体は、一つの小さな梗塞になるので、緊急性の高い脳梗塞と比べると安易に考え
てしまいがちです。しかし、実際はかなり怖い病気でもあります。 ラクナ脳梗塞で一番注意しないといけないのが、無症候性の脳梗塞であるということです。無症候 性は先程も紹介したように、症状を感じないまま病状が悪化していくことを言います。例えば直径 1mmというかなり小さな梗塞ができていたとします。しかし、脳にはほとんど影響はみられません。そ のため放置してしまうことも多いのですが、この状態を続けていくと梗塞がどんどん増えていったり、
大きい梗塞が作られてしまったりすることもあるのです。 また、ラクナ脳梗塞は多発性脳梗塞を発症するケースもあり、脳の至るところで脳梗塞に発展する 可能性が十分にあります。症状がすぐに見つかり、医療機関へ行くことができれば早期に処置する ことも可能なのですが、ラクナ脳梗塞は自覚症状がほとんどないため、処置が遅れてしまうのです。 これにより、言語障害や歩行障害など、様々な障害につながる多発性脳梗塞に発展してしまいま
す。
ラクナ脳梗塞は睡眠時や安静時に発症しやすいと言われています。
そのため、朝起きて手足にしびれを感じた、言葉が喋りづらいなどの症状がみられた場合は、なる べく早めに医療機関を受診するようにしましょう。

人気記事ランキング

  • 人気記事ランキング第一位

    脳卒中入院中の話・・・

    本日は利用者さんからいただいた声から記事をかきます。妄想なんじゃないの?と思えるかもしれませんが これが事実です。この記事を読んで私もこんな体験をしたなどありま… >>続きを読む

  • 人気記事ランキング第二位

    脳卒中,退院後のリハビリの選択

    12月になりました。風邪をひいてお休みなっている方もみえます。師走で忙しいかもしれませんが体調管理、しっかりやっていきましょう。昨日利用者さん、ご家族さんから… >>続きを読む

  • 人気記事ランキング第三位

    オシャベリテーションの卒業。笑

    今日は昨日あった出来事を投稿させていただきます。このタイトルで本人様はお気づきのはず。笑 昨日は上肢のアプローチをしており あれ? 今日は会話が少ないな・・・・・… >>続きを読む

脳リハ名古屋 リハビリブログ一覧はこちら

脳梗塞リハビリステーション名古屋の 改善へのこだわりを無料体験で実感して下さい。

  • 052-433-3500 受付時間:月~金 9:00~18:00
  • 体験のお申し込み
  • 体験カウンセリング

お悩み別メニュー

足があがらない
足が動かない・・・とお悩みの方へ
原因とリハビリの可能性は?
 
足があがらない
腕・手が動かない
腕・手が動かない・・・とお悩みの方へ
原因とリハビリの可能性は?
 
腕・手が動かない
社会復帰したい
社会復帰したい・・・とお考えの方へ
原因とリハビリの可能性は?
 
社会復帰したい
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。