お知らせ | 名古屋を中心に脳梗塞のリハビリをサポート!

  • 052-433-3500
  • 体験のお申し込み
  • 体験カウンセリング

リハビリって苦しいもの?

2019.03.21

どうもみなさん、ごきげんよう。

昨日(休日)に熱が出て、今朝には平熱に戻った社畜の鏡こと、田邊です。

 

突然ですが皆さん。『リハビリ』と言いますと、どのようなイメージがありますか?筋力トレーニングでしょうか?歩行練習でしょうか?着替えの練習でしょうか?トイレの練習でしょうか?

 

どれも『リハビリ』にあたると思います。

 

とある利用者様について少しお話させてください。

彼は、数年前に脳梗塞を発症し、その後遺症として「片麻痺」があります。
入院中、それはそれは必死に筋力トレーニングをし、歩く練習をし、着替えの練習をしました。
片麻痺になってからは、ある持病の発作が年に1~2回ほど起きてしまい、その度に体が動きにくくなったり、疲れやすくなったりしているそうです。
しかし彼は、身体の衰えに恐怖を感じ、必死に筋トレをし、歩く練習を続けています。

 

彼のような利用者様はたくさんいます。
勿論、利用者様以外に、私の大切な人や友人・仲間、後輩たちもそう。
みんな頑張ってて、みんな素晴らしいです。

 

これは私個人的な意見です。

 

みんな、ほんの少しでいいから、ご自身を労わる時間を大切にしてほしいです。

 

冒頭の彼も、とても頑張っていました。文字通り「頑なに張って」いました。「辛いけど歩く」「辛いけど筋トレする」と。

 

「頑張る」ことは、「辛いことを我慢する」だけではありません。
頑張った先に報酬があるなら、それを灯台にするのも良いでしょう。
しかし、ただストレスになるだけなら、辞めても構わないと思います。
タイトルでも挙げました「リハビリは苦しいもの?」なのでしょうか。

 

ストレスは万病の元と言います。
神は「越えられない壁(試練)はお与えにならない」という言葉があります。
これから壁にぶつかった時やぶつかっている時、この言葉を思い出してください。
越えられない壁は与えないはずなので、越えられなかったらそれは越える必要のない壁です。(ダッシュで逃げてください。)

 

痛めつけなくも、この身はいつか滅びるものだから、甘えてなんぼ。

(Written by:Hikaru Utada )です。

それでは、皆様、風邪にはお気をつけくださいませ。

石垣所長のリハビリブログ



脳梗塞リハビリステーション名古屋の 改善へのこだわりを無料体験で実感して下さい。

  • 052-433-3500 受付時間:月~金 9:00~18:00
  • 体験のお申し込み
  • 体験カウンセリング

お悩み別メニュー

足があがらない
足が動かない・・・とお悩みの方へ
原因とリハビリの可能性は?
 
足があがらない
腕・手が動かない
腕・手が動かない・・・とお悩みの方へ
原因とリハビリの可能性は?
 
腕・手が動かない
社会復帰したい
社会復帰したい・・・とお考えの方へ
原因とリハビリの可能性は?
 
社会復帰したい
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。