お知らせ | 名古屋を中心に脳梗塞のリハビリをサポート!

  • 052-433-3500
  • 体験のお申し込み
  • 体験カウンセリング

太ってきたあなたに 

2019.08.15

そういえばになりますが、以前試験結果をお伝えすると投稿しました。

今日結果をお伝えします。

私と田邊は「健康予防管理専門士」の試験を受け

 

なんと、

 

 

「合格!!」です。

 

 

ありがとうございます。

健康予防管理専門士の石垣です。

 

台風ですが、みなさん大丈夫ですか???

私は脳リハ名古屋の近くに今晩は宿泊し、名古屋に待機します。

外にでるときは、気を付けてくださいね。

できる限りでないようにしましょう。

 

 

さて、今日は太ってきた利用者さんのMさんに向けて

「糖分を控えることのメリット」について、お伝えしたいと思います。

私も太ってきた?お盆ご馳走食べ過ぎた。という方、これから気を付けましょう。

 

Mさんとは、ダイエットする約束をしました。

そのこともあり、今日このような内容にさせていただきます。

 

 

まず、糖分の取り過ぎはよくないですよね?

あなたの食生活どうですか?

知らないだけで、糖分てたくさんとっていたりします。

近頃のご飯は美味しいですからね。

 

私と田邊は甘党で、みなさんからたくさん差し入れをいただくので、糖の無い生活が考えられません。甘糖です。

糖を摂りすぎると、体重はもちろん増えますし、情緒も不安定になると言われてます。

ご存知でしたか?

 

何よりも怖いのは、糖分には中毒性があります。

私石垣は、完全なチョコレート依存症です。

糖分の中毒性はコカインよりも強いと言われております。

チョコ食べても逮捕されないからよかったです。

 

みなさん栄養士さんでもないですし、

日々の糖分の摂取量って、なかなか気を配れませんよね・・・・

もし糖分を控えることができたら・・・

ということを今日お伝えさせてください。

 

 

糖の摂取が管理できると、心臓や肌、そして脳にも変化が起きることがあります。

口臭だって、軽減するんですよ。

糖分は歯周病や虫歯になりやすいだけでなく、バクテリアの食料源となります。

バクテリアが増え、口臭の元となります。

また糖分は肺の病気にもなりやすいと言われており、喘息などある方は控えるといいですよ。

 

糖を摂り過ぎずないでいると、脳の働きが活性化すると言われてます。

糖分は学んだり覚えたりする脳の機能を妨げます。

脳には糖分がいいと言われていますが、リハビリのときは、糖分は控えたほうが学習につながるかもしれません。

またアルツハイマー病の発症率が変わると言われております。

脳由来の神経栄養因子BDNFと呼ばれる化学物質があります。

これが脳の物質のつながりをつくり、新たな記憶をつくるのですが、糖をとるとこのBDNFが減ると言われています。

このように脳とも糖分は関係があります。

 

そして、肌。女性の方は知っている方が多いはず。

肌に糖分は影響するので、気を付けましょう。

糖分をとらないことで、ニキビの形成を抑えることができます。

糖分は炎症の原因で、ニキビの原因になります。

ニキビができたら、

これは糖分だけに当分やめなきゃですね。あれ?また滑りました?

また田邊に言われます・・・・

 

脳だけでなく、心臓や血管にも糖の摂り過ぎは影響します。

大量の糖分は心臓麻痺のリスクを高めます。

例えば、炭酸の飲み物は糖分が多く、冠状動脈の疾患の原因になりやすくなります。

 

糖尿病の方はよくご存じですが、糖分によりインスリンの値が変わります。

それにより日常の心拍が下がり、血圧も下がり、心臓や血管の負担が減ります。

そのため、脳卒中にかかるリスクも減りますよ。

だから、再発予防のためにも糖分を控えることは非常に大切ですよね?

糖分を摂ることで悪玉コレステロールがたまり、血管がつまりやすくなります。

血液脂質がたまりやすく、致命的な心疾患の原因ともなりますよ。

 

糖と情緒の関係です。

糖分を摂らないとイライラしたりしますが、食生活を管理することで、イライラが減るそうです。

実際に糖分を少なくした方は、鬱(うつ)になりにくいそうです。

食生活を変えるだけで、とりまく環境が変わりそうですね。

 

 

糖のコントロールは、食だけではなく、睡眠も変わると言われております。

糖分の摂りすぎは、エネルギー代謝がゆがみます。

糖分を減らすことで、始めは眠気を感じますが、慣れることで日中は活動的になり、夜はよく眠れるようになれるそうですよ。

糖分を変えることで、あま~い夢が見れるかもしれませんね。

 

 

糖と言えばみなさんご存知の糖尿病です。

ブドウ糖の摂りすぎは、インスリン抵抗性を高めます。

糖分が血液中をさまよい、糖尿病へ一歩一歩近づくことになります。糖尿病だけでなく、癌(がん)とも関係あるんですよ。

膵臓癌と糖分の関係性があると、実験では言われております。

 

また糖分は目の健康にも悪影響を与えます。

お子さんがゲームしながら、お菓子食べて、炭酸飲んでたらやばいですね。

インスリンやブドウ糖により、血管を破壊し、目への血液の供給を妨げます。

ご自身だけでなく、周りの方の健康についても、見直してみましょう。

 

そして、ダイエットですね。

糖をコントロールすることで、すばやくできます。特に果糖。

食べすぎの原因になります。

膵臓がよりインスリンを作らなければならなくなります。

代謝や消化、ホルモンの働きが鈍り、すぐにお腹が空いたりもします。

空腹感がでることで、食べて、食べての繰り返しになっちゃいます。

それは太りますよね。

 

 

みなさん良く知らないのが、痩せるとお財布にも優しいですよ。

医者にいく回数が減る。診察や薬のお金がなくなりますから。

甘い物を買わなくなります。その分なにか買うことができそうですね。

 

糖をコントロールすることで、さまざまなメリットがあります。

お盆で食べ過ぎたあなた。

ぜひ、少しでも良いので糖分を控えてみてはいかがですか?

 

健康予防専門士の石垣でした。

 

■---------------------------------------------------------------------
 |  脳梗塞リハビリステーション名古屋
 |  TEL:052-433-3500 
 |   電話がつながらない場合、折り返し連絡させていただきます。
 |  Mail:39@rihabiri.jp
 |  問い合わせフォーム:https://rehabili.nagoya/contact
■---------------------------------------------------------------------

石垣所長のリハビリブログ



脳梗塞リハビリステーション名古屋の 改善へのこだわりを無料体験で実感して下さい。

  • 052-433-3500 受付時間:月~金 9:00~18:00
  • 体験のお申し込み
  • 体験カウンセリング

お悩み別メニュー

足があがらない
足が動かない・・・とお悩みの方へ
原因とリハビリの可能性は?
 
足があがらない
腕・手が動かない
腕・手が動かない・・・とお悩みの方へ
原因とリハビリの可能性は?
 
腕・手が動かない
社会復帰したい
社会復帰したい・・・とお考えの方へ
原因とリハビリの可能性は?
 
社会復帰したい
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。