お知らせ | 名古屋を中心に脳梗塞のリハビリをサポート!

  • 052-433-3500
  • 体験のお申し込み
  • 体験カウンセリング

言葉って時として凶器よね。~左片麻痺 男性~

2019.07.24

自民党・公明党に投票した人達だけ消費税が10%になればいいのに…

と思ってやまない田邊です。

 

先日こられた利用者さん。

その方は、パッと見た感じだけでは、麻痺があるの?と疑問を抱かれてしまうそんな方です。

普通に歩けているし、普通に手を使って生活しています。

実際、動作的にできないことは何もないそうです。

 

彼は入院中の憤りを語ってくれました。

「リハビリの先生たちは、私が普通に歩けるから”とりあえず外行きましょっか”や”とりあえず筋トレしましょう”といい、筋肉を鍛えることを多く教えてくれました。私がね、引っかかったのは、みんな”とりあえず”って言うんですよ。こっちはまだ違和感あるし、悪くなってる気すらしてるのに。これだけ動けてしまうから、皆に理解してくれないんです。」

 

 

こういった方は、時々いらっしゃいます。

麻痺の症状が軽く、専門家でもどのようにアプローチしていいか分からない人。

 

私たちの勉強会では、

健常者を相手に練習をします。理由はいくつかあります。

 

まず、健常者の方をみて姿勢や動作を分析して関わることができないと、障害のある方には太刀打ちできないです。

また、健常者の方だと障害のある方より、わかりやすく変化がでるので練習になります。(※もちろん個人差はあります)

そして、健常者の方だと日常生活に困っていることがなくとも、肩こりがあったり腰痛があったりと、身体に違和や不安を抱えていらっしゃる方もいらっしゃいます。

 

今回の彼のケースのように。

 

 

どんなに麻痺の症状は軽くとも、本人が感じている違和や不安に対して

「とりあえず」のアプローチをするのはどうなのだろう。

「とりあえず」と口にするのはどうなのだろう。

「とりあえず」に対して時間とお金をかけている本人の気持ちを察することは難しいのだろうか。

保険外リハビリに対し費用対効果を求めるのなら、保険内リハビリの費用対効果はどうなのだろうか。

 

 

そして、ただ単純に

人として、困っている・不安を抱えている人の目の前で、”とりあえず”って軽々しく口にするな、って思います。

仕事人として、時間を埋めるだけの”とりあえず”の作業を提供するなって思います。

同業者として、分からないのだったら勉強するなりもっとその人を細かく評価するなり、プロとして仕事をみせて、少しでも安心させてあげようぜって思います。

 

今回の彼の場合、過去に心の傷があったり、元からとても繊細な方のため、そのような関わりがより大切であると、私は考えています。

 

彼は入院中のそのような関わりから

「今のような時間を過ごしていたら、これ以上良くならないのでは…」

と考え込み、現在も続く不眠症となったと言っています。

 

私たちの仕事は、惰性やほんの些細な言葉遣いや仕草、すこしの気のゆるみで、相手を傷つけてしまったり、命を落とさせてしまう可能性を秘めている職です。

 

 

悪気がないから、許されるものではないです。

(そう、吉本興行のおかもっちゃんのように…)

 

 

私は相手を鼓舞するため、語気を強めることがあります。

きっと、私も誰かを傷つけているでしょう。人を傷つけずに生きていくなんて理想だと思います。

しかし、そういった時こそ、そのうような事実があるからこそ、

あくまでも、気持ちは冷静に心は温かくいるよう気を付けています。

 

 

正論や勢いでの発言は時として、人を傷つけるので。

 

 

だから、彼のようなケースに出会うと心が痛くて申し訳なくて、居た堪れない気持ちになります。

だから、健常者をみて徹底的に練習するんです。

少しでも傷つく人が減るように。

何もできない自分を目の当たりにして、自分も傷つかないように。

 

私や石垣は、少しでも、そのように悩むセラピストや患者さんが減ることを願い勉強会に参加したり、日々利用者さんと向き合っています。

 

世の中には色んな人がいます。

どんな人でも病気や怪我をしてしまう可能性があります。

だから私たちの職はどんな人にでもできる限り対応できなければならないのです。

 

(だから私は夜な夜な飲み歩きに出て、色んな人と酒を呑み交わすのです…)

 

 

いくら、正論と思っていようが

いくら、勢いで言っちゃいそうになろうが、

 

一呼吸置くのは良いことです。

置いた間に、飛び出しそうになっている言葉のジャッジをするんです。

そのジャッジこそ、その人の優しさや正義が見えて、

私はそんな人間が個人的には、とても好きです。

 

だから、一呼吸置きましょう。

置く為にも、自分にゆとりを持ちましょう。

そのゆとりがあなたにとって、知識や技術なら、勉強会にいらっしゃい。

そのゆとりがあなたにとって、恋人と過ごすことなら、デートに行ってらっしゃい。

そのゆとりがあなたにとって、睡眠なら、たっぷり寝てください。

 

皆、ほんの少し、ゆとりを持ちましょう。

 

って偉そうに語りましたが、

経済面も精神面も体力面も

まっっっったくゆとりのない私が言うたところで

説得力ないんですけどね!?

 

宝くじあたれえええええええええええええええええええ。

買うてないけど、当たれええええええええええええええ。

私の嫌いな奴、お願いだから蜂に2回刺されてええええ。

 

おっと、願望はみ出しました。

 

そろそろ利用者さんがいらっしゃます。

さて、心穏やかに、仕事しよう。

石垣所長のリハビリブログ



脳梗塞リハビリステーション名古屋の改善へのこだわりを無料体験で実感して下さい。

  • 052-433-3500 受付時間:月~金 9:00~18:00
  • 体験のお申し込み
  • 体験カウンセリング

お悩み別メニュー

足があがらない
足が動かない・・・とお悩みの方へ
原因とリハビリの可能性は?
 
足があがらない
腕・手が動かない
腕・手が動かない・・・とお悩みの方へ
原因とリハビリの可能性は?
 
腕・手が動かない
社会復帰したい
社会復帰したい・・・とお考えの方へ
原因とリハビリの可能性は?
 
社会復帰したい