お知らせ | 名古屋を中心に脳梗塞のリハビリをサポート!

  • 052-433-3500
  • 体験のお申し込み
  • 体験カウンセリング

童心と辛抱 ~辛いって感じている人へ~

2020.06.05

晩年のピカソが言った、

 

 

ようやく子どもの絵が

描けるようになった気がする

 

 

私はこの言葉が、やけに刺さった。

 

いつからだろ。

常識に重きを置くようになったのは。

いつからだろ。

良識を意識するようになったのは。

いつからだろ。

そこからはみ出すことを

悪しきもの

と感じるようになったのは。

 

 

幼いころは良識なんて関係なかった。

文法なんてどうでも良かった。

周囲の目など気にもしなかった。

けど、それが面白かった気がする。

 

 

幼いころは、

色んな事にワクワクして、

恐れなんて感じなかった。

 

 

平気で、猟の時期の山なんかに入って

猟犬に追いかけられ、

命からがら、無我夢中で人里降りたら、

体中傷だらけで、

気付いたらきながらってた。

 

 

きっと大人になれば

色んな知恵がついて

アイデンティティは確立されて

もっと選択肢が増えて

傷つく事も減って、

もっともっと自由で

面白いで溢れると思ってた。

 

 

そうだな、

目の間に広がる真っ青な大海原へ、

素手で漕ぎ出していく感覚。

 

 

でも、実際は逆だったりしてさ。

 

 

大人になって

自分の無知さを思い知らされ、

言われてもないのに誰かと比較して

勝手ついて、

選択肢を削いで、

どんどん制約やし、

怖いを大きく育てあげた。

 

 

まるで真っ暗な海で、

身の丈に合わないオールを

一つだけ手にして、

途方に暮れてる小舟みたいな。

 

 

私の実感としては、

大人になればなるほど、

臆病になったかんじ。

 

 

心当たりがある人も

いるんじゃないかな。

 

自分は臆病と

思っておらずとも、

 

挑戦することをけたり、

自分勝手に結果を決め付けたり。

 

 

少しでも良くない結果が

あるかもしれないものへは、

近寄らなくなったり。

 

 

好奇心はあるのに、

んでしまったり。

自分に都合のいい解釈で

やらない事への理由付け

どんどん上手くなって。

 

 

気付かないうちに

臆病になってる。

 

 

大人になりゃ、そうよな。

だって、色んな事に

責任が伴うもん。

結果が悪けりゃ、

受け止めきれないかもしれない。

 

 

けど自分にとって

都合のいいものばかりを

搾取してたり、

省みる時間が無かったりしてたら、

 

私は、

「良いこと」も「悪いことも」

ごっちゃになっちゃった。

 

 

そしたら、自分にとって

「良い(好い)もの」が

迷子になった。

 

 

幼いころの山遊びみたいに。

 

 

あの頃は迷子が楽しかった。

知らない土地で迷子になっても、

もう帰れないかもって思わなかった。

 

 

どんどん先へ進んで

「次は何があるんだろう」

ってワクワクした。

 

 

今は、迷子を楽しめず、

現在地が分からなければ

恐怖心に縛り付けられて、

身動き取れない大人になった。

 

 

迷子を面白がれる自分は

どこへ行ったんだろう。

もう、それを探すこと自体、

違うのかもしれない。

 

 

きっと、あの頃は、

自分の居場所が心地悪くとも

「自分」でいることが

面白かった。

 

 

子どもの自分が

面白くてたまらなかった。

 

 

何も知らなくて、

何も知らないから、

知ることが面白くて。

 

 

今は「知らない」ことや

「分からない」ことがい。

 

 

「そんなことも知らないの?」

「なんで分かってくれないの?」

「分かってくれる人はいない?」

 

 

そんな声を聞くたび、

罪悪感が生まれた。

 

 

「ごめん。」

 

 

そんな言葉しか出なくなってた。

罪悪感を愛せない。

自分から生まれたものなのに、

愛せない自分になってる。

何にも悪くないのにね。

 

 

磯野貴理子が言ってた。

 

我慢はできないんだよ人間。

ただ、辛抱はできるんだよ。

 

って。

 

 

いつの間にか、「我慢」してた。

「辛い」ことを

「抱きしめて」あげられてなかった。

ちょっと無視してたかも。

 

 

そんな事に気づいた私は、

今でも私を抱きしめてあげられない。

でも、他人を抱きしめることは

出来るんじゃないかなって思うんだ。

 

 

小さいあの頃の自分は

自分を抱きしめて、

それで胸いっぱいにして、

目の前の景色を面白がってた。

 

 

今は、

自分を抱きしめれない代わりに、

他人を抱きしめてあげられる。

その位には、心身ともに大きく育った。

 

 

私が相手を抱きしめてるつもりでも、

抱きしめられてることも、よくあって。

そうやって、昇華してるんだと思う。

 

 

改めて、

セラピーって相互関係だなって思う。

 

 

まだまだ力不足だけど、

私なりの握力で、

あなたを傷つけないような力で、

包み込むことの大切さは、

実感としてほんの少しだけ

身についてる、と思う。

 

 

今、回復期で入院し、

その生活の中で不満を抱いている方。

 

退院し自宅生活で、

この先を不安に感じている方。

 

保険外リハビリに興味があるけど、

経済面でどうしても利用困難で

悩まれている方。

 

新社会人として初めての職場で

人間関係やシステムに悩まれている方。

 

中間管理職で、上からも下からも圧迫され

板挟み状態の方。

 

学業が思うように進まず、

もどかしい思いをしている方。

 

 

今、こんな状況で直接会えず、

かけてやれる言葉も限られてて、

何も役に立てないけど。

 

 

もし、ほんの少しでも気が向いたり、

現状をほんの少しでも、

打破したい気持ちが沸いたり、

冒険心がくすぶられたらば、

軽い気持ちで遊びにおいで。

 

あなたが自分を抱きしめてあげられない分、

私たちが、しっかり抱きとめるからさ。

 

そして、あなたも私たちを

抱きしめたら良いと思う。

 

 

そうやって、

昇華できることもあるからさ。

 

 

電話でも大丈夫よ。

無料カウンセリングもあるよ。

LINEでやり取りもできるよ。

体験コースだけでも大丈夫よ。

(押し売りはしないよ。)

 

 

少しでも、こんなブログでも読んで

気持ちが楽になってくれると、

いいな~って思う。

 

 

私ができることはほんの少しだけど。

童心を大切に、

今を楽しんでいる大人な私が

ここにはいるからさ。

 

 

よかったら、遊ぼう。

 

 

 

 

 

てなことで、

死ぬほど長くなったわね。

御免なさいね。

 

宇多田ヒカルの「誰にも言わない」と「初恋」って曲を聴きながら書いたから、それ聞きながら読んでくれると、より入り込みやすいかも。

 

さ~~~~て、がんばろ~っと!!!!

ほんじゃ!!!!

石垣所長のリハビリブログ



脳梗塞リハビリステーション名古屋の改善へのこだわりを無料体験で実感して下さい。

  • 052-433-3500 受付時間:月~金 9:00~18:00
  • 体験のお申し込み
  • 体験カウンセリング

お悩み別メニュー

足があがらない
足が動かない・・・とお悩みの方へ
原因とリハビリの可能性は?
 
足があがらない
腕・手が動かない
腕・手が動かない・・・とお悩みの方へ
原因とリハビリの可能性は?
 
腕・手が動かない
社会復帰したい
社会復帰したい・・・とお考えの方へ
原因とリハビリの可能性は?
 
社会復帰したい