お知らせ | 名古屋を中心に脳梗塞のリハビリをサポート!

  • 052-433-3500
  • 体験のお申し込み
  • 体験カウンセリング

神奈川から名古屋までリハビリに来ていただきました~右片麻痺,40代男性

2019.04.24

 

本日は、神奈川から名古屋までリハビリにきていただいた久田様のリハビリ内容を投稿させていただきます。

90分のリハビリ前後の文字の違い

さて、こちらの「あいうえお」。右と左、どちらがリハビリ後の文字だと思いますか?

 

 

左でしょうか?右でしょうか??

 

麻痺手である右手で書いていただきました。

 

 

 

答えは、今日の投稿の最後に載せますね。

 

リハビリの様子

久田様はリハビリの途中に以下のことを話されました。

 

「ぶっちゃけて言うとですね」

 

「正直、期待していませんでした。今までリハビリと同じようなことだと思ってました」

 

過去に病院で研究のモニターになった経験がある久田さん

 

しかし、

最後には「きてよかった」そう何度も言っていただきました。

 

 

始めはかなり緊張されていました。

みなさん始めはそうです。私たちもそうです。笑

 

脳リハ名古屋でリハビリする前のお悩み

久田さんに、普段どんな悩みがあるか聞いてみました。すると、

 

・早く歩けない 

・階段の下りが上手くできない

・手がつけない

・利き手の右手が麻痺し、左手ばかり使うため、左が利き手になってきている

・茶碗をもって、納豆をかき混ぜたりできない

・信号が変わる!と思ったとき、急いで歩けない

 

そんなお悩みを抱えていることがわかりました。発症から5年経過してみえます。

 

 

右足の先が擦ってしまうため、右側のつま先だけ靴底が削れています。

 

優しい久田さん、撮影OK許可をいただいたので、田邊と介入(リハビリ)させていただきました。

 

 

こちらの写真

 

「あれ?いつもより足が曲がってる」

「お尻のところがいつもとなんか違う」

 

そう話された場面です。

なんでいつもより体が動くようになるの?

久田さんは、右半身が麻痺していました。

麻痺した箇所を動かすのは大変です。このため、人間の体は

 

動く部分の筋肉を使ってなんとかしようとします。

 

すると、本来の体の動きとは違う動きをすることになり、使わない筋肉が出てきます。

 

使わない筋肉は、どんどん硬くなり、短くなり、曲がってしまい、本来の体の動かし方ができなくなっています。輪ゴムで例えるなら、乾燥してカピカピになった状態のような筋肉になってしまいます。

 

脳リハ名古屋でのリハビリは、この普段動かしていない筋肉をまずは柔らかくします。

 

そして、筋肉が柔らかくなった状態(本来の体の動かし方ができる状態)を作ってから、正しい体の動かし方をお伝えします。

 

脳梗塞になる前は無意識にできていた正しい体の動かし方を思い出すためのリハビリをします。

 

結果、「あれ?いつもより体が動く」という感想に繋がります。もちろん個人差はあります。

 

 

 

そんなこともあり、

少しずつ緊張もしなくなり、いろいろ話ていただけました。

 

時間の経過とともに、身体の変化への気づきも変わってきました。

 

「なんか違う」

「あっ、軽い」

「ここ(肘)に翼がついた感じ」

 

などなど

 

レッド〇ルが注入されましたね。笑

1人1人の希望に応じて、リハビリ内容を変えています。

 

 

身体が伸びれるようしていったり

 

 

足がなが~くなるようしたり

 

 

必死になると私もこんな顔です。

 

こちらは、手や腕の筋の収縮を促通しているところです。

 

 

手の中の細かい筋肉を促通していると

 

「こんなことしたことがない」

「そんなこと言われたことがないけど、確かにそうです」

 

と初めて気づいたこともあったようです。

 

 

新聞紙を通して、手の動きを促通しているところです。

物をつかっておこなう活動は、やはり楽しいですね!!

 

 

もちろん、お互い手は真剣ですよ!!

 

 

実際にペンを使ったリハビリを行いました。

これが、後の結果によりつながっています。

 

 

直接、歩行への介入も行いました。

 

すると、

 

「今まで体重が足に乗っていたようで乗ってなかった」

 

という右足の状態に気づかれました。

 

 

片脚立ちも次第に変わっていきましたね。

 

まだまだ改善できる点はあり、伸びしろも感じれました。

これからもお互い頑張っていきましょー!!

 

昨日は終了後にメールもいただきました。

 

「椅子から立つ事が簡単になれましたし、右脚とお話をするようになり、今まで伸びてなかった箇所が伸びました!」

 

変化を実感していただき、嬉しいです。

 

ありがとうございます。

 

 

さてさて、

 

 

正解は、右が介入前、左が介入後です。

 

字はもちろん変わりましたが介入前よりも姿勢の重心が高くなり、肩を動かしながら書いていたのが、手首を動かして文字が書けるようなりました。

 

何よりも「楽に書けるようになった」が変わったところですね。

 

箸も箸先で掬うことができ、動作も早くなりましたね。

 

これで大好きな納豆もかき混ぜられます!!

 

 

遠方から名古屋まできていただき、最後に「きてよかった」と何度もいただけて、私たちも嬉しかったです。

 

 

ありがとうございました。リハビリ内容に関して、気になることがありましたら、お気軽にお問合せください。

 

脳リハ名古屋をマンガで解説してみました!



リハビリに関する質問はお気軽にどうぞ

私たちは、一人でも多くの方にリハビリの可能性を伝えることができたらと日々、活動しています。リハビリに関するお悩みやご質問はお気軽にどうぞ。

人気記事ランキング

  • 人気記事ランキング第一位

    脳卒中入院中の話・・・

    本日は利用者さんからいただいた声から記事をかきます。妄想なんじゃないの?と思えるかもしれませんが これが事実です。この記事を読んで私もこんな体験をしたなどありま… >>続きを読む

  • 人気記事ランキング第二位

    脳卒中,退院後のリハビリの選択

    12月になりました。風邪をひいてお休みなっている方もみえます。師走で忙しいかもしれませんが体調管理、しっかりやっていきましょう。昨日利用者さん、ご家族さんから… >>続きを読む

  • 人気記事ランキング第三位

    オシャベリテーションの卒業。笑

    今日は昨日あった出来事を投稿させていただきます。このタイトルで本人様はお気づきのはず。笑 昨日は上肢のアプローチをしており あれ? 今日は会話が少ないな・・・・・… >>続きを読む

脳リハ名古屋 リハビリブログ一覧はこちら

脳梗塞リハビリステーション名古屋の 改善へのこだわりを無料体験で実感して下さい。

  • 052-433-3500 受付時間:月~金 9:00~18:00
  • 体験のお申し込み
  • 体験カウンセリング

お悩み別メニュー

足があがらない
足が動かない・・・とお悩みの方へ
原因とリハビリの可能性は?
 
足があがらない
腕・手が動かない
腕・手が動かない・・・とお悩みの方へ
原因とリハビリの可能性は?
 
腕・手が動かない
社会復帰したい
社会復帰したい・・・とお考えの方へ
原因とリハビリの可能性は?
 
社会復帰したい
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。