お知らせ | 名古屋を中心に脳梗塞のリハビリをサポート!

  • 052-433-3500
  • 体験のお申し込み
  • 体験カウンセリング

過去との会話 ~脊髄損傷(中心性損傷)の方を通して~

2019.11.12

「この人…私の喜ばせ方ちょー知ってんじゃん…」と感じて嬉しくなったと同時に「てことは逆に言えば、この人は私の苦しませ方も知っているんじゃ…(/ω\)照」と照れたことを知り合いのおっさんに報告したら「精神状態アンバランスなサイコパスな32歳児やんけ」と言われたサイコパスなアラサーが通るでえ~。

どうも、ブログの主こと田邊です。

 

 

少し私の話をさせてください。(いつもやん?って思わないで。)

 

 

昔、「脊髄損傷」の患者さんを担当しました。

その当時わたしは3年目で、初めての脊髄損傷患者さんの担当でした。

その方は脊髄損傷の中心性損傷でした。

(※中心性損傷=下肢より上肢に麻痺が重く出現する脊髄損傷の種類のこと。)

 

 

初めての脊髄損傷の患者さんということもあり、事前に予習し知識をしっかり入れて臨んだを覚えています。

それと同時に、(おこがましいのは重々承知していますが…)私は彼に何もしてあげられなかった、という苦い感情も覚えています。

 

 

後悔ばかりで

「今ならこうできる」

「今ならこういうアイディアがある」

「今ならこのように声をかけてあげられる」と、

彼が退院してから、何度も何年も思い返しては、どうしようもない気持ちになっています。

今もなお。

 

 

つい先日、彼と同じ疾患名を持つ方が来られました。

彼もまた「脊髄損傷/中心性損傷」です。

 

中心性損傷の方々は姿勢と動作がとても特徴的です。

 

 

当ステーションに入ってこられた時に

「(あ…見覚えある…)」

と心の中で呟いていました。

 

 

彼に触れた時、7年前の彼が私の手の中に、それは鮮明に甦りました。

いや、正確には甦ったのではなく、私の手の中に、彼は確かに存在しました。

 

 

「今はこうやって出来るよ。」

「今はこういう展開が思いつくよ。」

「今なら”あなたの未来は明るいよ、一緒に頑張ろう”って言えるよ。」

 

私は彼にしてあげたかったこと、

挑戦したかったこと、

かけたかった言葉や感情が溢れ、

体がどんどん勝手に動いていました。

 

 

介入後、訪問リハビリや入院中のリハビリとの違いは感じてくれているようでした。

勿論まだまだ反省点の多い介入です。

けど、あの頃の自分の想いや感情が少し昇華出来た気がして、電車の中で少し涙が出ました。

 

 

まだ初回体験の1度しか来ていないし、今後も継続されるか分からないけど、一度でも来てくれて感謝申し上げたい。

そして、

過去、未熟な未熟すぎる私に文句ひとつ言わずただ寄り添い笑顔を向けてくれていた彼に、感謝と報告をしたい。

 

 

 

「ほんの少しだけど、成長してるっぽい、私。」

 

 

 

彼には沢山伝えたいことや感情がありすぎるから、この辺にしておきます。

リクエストがあれば彼とのエピソードとか載せてみようかな…

まあ、どうやってリクエストすんねんって話なんやけどね…

お問い合わせメールとかで、リクエストできるんじゃ…?

そこまでして興味ないですね(きっぱり)

 

 

なんかさ

「昔のブログ(私の入職したての頃)のブログの方が面白かった。」

とか言われたけど、ぜんっぜん関係なく好きなこと書いてくもんね!?!?!

昼休みに読んでっかー!?!?

おにぎり美味しいですかー!?

お茶飲みながら飯食えよー!?

喉詰まらかすなよーーーー!?

自主訓練は試してみてねえ!?

やーくーそーくーだーよー!?

 

 

 

ほんでな?

あなたには申し訳ないが、

私は今後も赴くまま筆と腕を走らせますゆえ。

 

 

とは言いつつも、今後ともご意見沢山ください。(土下座)

参考にさせて頂きますので。(土下座)

 

あらやだ。もう外は暗いのね。

そろそろセンチメンタル田邊は閉店致しますね。

 

では、みなさん。

おやすみなさい。

石垣所長のリハビリブログ



脳梗塞リハビリステーション名古屋の改善へのこだわりを無料体験で実感して下さい。

  • 052-433-3500 受付時間:月~金 9:00~18:00
  • 体験のお申し込み
  • 体験カウンセリング

お悩み別メニュー

足があがらない
足が動かない・・・とお悩みの方へ
原因とリハビリの可能性は?
 
足があがらない
腕・手が動かない
腕・手が動かない・・・とお悩みの方へ
原因とリハビリの可能性は?
 
腕・手が動かない
社会復帰したい
社会復帰したい・・・とお考えの方へ
原因とリハビリの可能性は?
 
社会復帰したい