お知らせ | 名古屋を中心に脳梗塞のリハビリをサポート!

  • 052-433-3500
  • 体験のお申し込み
  • 体験カウンセリング

「年齢若めの片麻痺」の方注意

2020.07.09

健康オタクなセラピストの石垣です。

Youtuberになりたいんですけど・・・・

全然なれないんですよね。

数字をみてもらったらわかります。笑

 

まぁ、一本の動画が長いので仕方ないです。

 

さて、今日は「若い片麻痺」の方について投稿します。

若い方向けてといいますが、

ぶっちゃけ全員にあてはまる内容です。

 

でも、「特に」若い方は気をつけましょう。

 

脳リハ名古屋のご利用者さんは

40~60歳の方が多いです。

 

でも10代の方もみえますし、

上は80歳以上の方もみえますよ。

 

先日20歳代の片麻痺の方を

みさせていただき感じました。

 

「動けるからこそ危ない」

ということです。

 

多くの方が突然の発症。

だからみなさん麻痺については

もちろん素人です。

 

だから動きについては知りません。

 

動けるやり方で動いてしまいます。

 

動けた=動かなかったところが動いた。

というワケではありません。

 

「代償機能」で動けてしまうんです。

 

たとえば、車椅子~トイレの便座。

両足を使って、体重を支えての移乗ではなく。

片足ケンケンでの移動。

 

動作としては、便座に移れても

麻痺側の機能は使えていません。

 

他にも、階段の昇り降り。

降りることができています。

しかし、身体を硬くし、徐々に速度が上がっていく。

それは身体をコントロールできていない。

 

身体を硬くすることで

動作はできています。

しかし、適度な硬さではないんですよね。

「過度な硬さ」

 

硬いものに硬いものがぶつかれば・・・・

もちろん壊れます。

身体への衝撃が大きい。

 

今はまだ若くていいかもしれない。

けど、きっとそれが積み重なると

随意性の改善を阻害する因子となる。

 

硬くなることで適応しようとし、

力任せで課題を達成する。

 

その内容は大きく体力を奪い、

いずれ「疲れやすい」という状態をつくる。

 

身体が硬い=血流もよくない。

身体が硬い=リラックスできない。

それが積み重なることにより

 

血管の状態はもちろんよくない。

リラックスできないと、夜ぐっすり眠れない。

 

夜ぐっすり眠れないは、記憶の整理ができない。

それはリハビリ頑張っても身になりづらい。

それ以上に、メンタル面の低下が怖い。

 

「なんか調子が悪い・・・・」

は次第に生活の質を低下させる。

 

若い方は、代償機能でできてしまう。

しかし、それは長期的にみると、

大変なことかもしれない。

 

忙しい中かもしれないが、

しっかり身体のケアをしてあげてください。

 

ご自愛ください。

 

あなただけの身体です。

あなた自身が大切にしてあげてください。

 

↓私たちの渾身のブログへ、ヒトっ飛び↓
https://rehabili.nagoya/category/blog

↓脳リハ名古屋のホームページです↓
https://rehabili.nagoya/

↓Twitterでは情報をつぶやいてます↓
https://twitter.com/noureha758

↓インスタグラムでは私たちの日常が↓
https://www.instagram.com/noureha_nagoya

↓脳リハ名古屋がよくわかる1分半の動画↓
https://www.youtube.com/watch?v=EgYtQ0Z8Whs&feature=youtu.beプレビュープレビュー

↓公式LINEで友達になると最新情報届きます↓
https://lin.ee/n2eblvw

石垣所長のリハビリブログ



脳梗塞リハビリステーション名古屋の改善へのこだわりを無料体験で実感して下さい。

  • 052-433-3500 受付時間:月~金 9:00~18:00
  • 体験のお申し込み
  • 体験カウンセリング

お悩み別メニュー

足があがらない
足が動かない・・・とお悩みの方へ
原因とリハビリの可能性は?
 
足があがらない
腕・手が動かない
腕・手が動かない・・・とお悩みの方へ
原因とリハビリの可能性は?
 
腕・手が動かない
社会復帰したい
社会復帰したい・・・とお考えの方へ
原因とリハビリの可能性は?
 
社会復帰したい