東京支店のご案内 | 東京を中心に脳梗塞のリハビリをサポート!

  • 03-6868-5760
  • 体験のお申し込み
  • 体験カウンセリング

東京支店のご案内

脳梗塞リハビリステーション東京について

脳梗塞リハビリステーション東京は東京都北区赤羽にて営業している脳卒中、脳梗塞、脳出血(脳溢血)など脳血管障害による後遺症をリハビリで改善したい!とお悩みの方のためのリハビリ施設です。
大学病院などで20年以上、リハビリ経験がある国家資格保有者(理学療法士)があなたのリハビリをサポートします。

 

手足の麻痺をもっと改善したい、と思っていても病院の入院期間には脳血管障害で最大180日までと制限があり、もっとリハビリがしたいと希望しても退院することになってしまいます。退院すると、なかなか一人でリハビリを続けることは難しく、リハビリ時間が激減してしまう方が多いのが現状です。また、保険適用がきく介護施設などのリハビリに参加される方も多いようですが、集団でのリハビリやマシーンを使ったリハビリが中心で自分にあったリハビリを受けれる環境があまり整備されていないのが現状です。

 

もっとリハビリがしたい!という方のために、満足できるリハビリが受けられる場所がまだまだ少ないことから、退院後のリハビリ受入れ先となれるように当社は営業を始めました。

 

脳梗塞の後遺症に苦しむ東京エリアの皆さまが、後遺症から立ち直り、よりよい生活を取り戻していただけるよう全力でサポートさせていただきます。

 

脳梗塞リハビリステーション東京 〈所長紹介〉

名前

理学療法士 佐藤広美

資格

・理学療法士
・認定理学療法士(脳卒中)
・IBITA認定の基礎講習会インストラクター

出身地

山形県

経験

群馬大学の関連病院の理学療法士としての経験を経て、東京の大学病院に23年勤務。
(理学療法士を取得した当時はスポーツリハビリの専門になろうと思っていた)
理学療法士協会講習会 「片麻痺の評価と治療」講師や国際ボバース基礎講習会講師免許を取得し、
さらに認定理学療法士資格を取得。

ポリシー

誠実であること

尊敬する人

ボバースのインストラクターの先生方

好きな食べ物

焼き肉

医療職を志したきっかけ

家族の怪我や自分の怪我を通してリハビリを知ったこと

利用者様へのメッセージ

20年以上にわたり大学病院でのリハビリに携わり、多くの経験を積んできました。
中でもボバースコンセプト(英国のボバース夫妻によって1940年代から提唱された、脳性まひなどの中枢神経系疾患がある子どもや成人の治療のための考え方)を積極的に取り入れ、患者様の機能障害の原因追求と改善を行ってきました。

中枢神経疾患の機能改善を図るためには最新の脳科学の知識とそれを利用者様の機能改善に繋げるための技術が必要です。
私は理学療法士として多くの経験を積み、度重なる海外での研修・教育を受けてきました。20年の実績と最新の知識・技術によるセラピーで皆様のお役に立てれば幸いです。

実績

講習会の指導に加え今までに携わったリハビリは3千件以上。
また脳卒中以外にも神経疾患、整形外科や内科の術後の患者さん、がんの患者さんなどのリハビリに携わる。

脳リハ名古屋所長・石垣からみた佐藤先生


一般のセラピストをプロ野球選手と例えるなら、学生は草野球の選手。
佐藤先生は日本を飛び越えてメジャーリーガーレベルです。(さらに佐藤先生の師匠も、バリバリのメジャーリーガー)
国際的な学会に出席・発表し海外での多数の講習会にも出席するなど、メジャーリーガーの中でも群を抜いて素晴らしい知識と技術をお持ちの佐藤先生は、私も自信をもってご紹介できる先生です。

 

料金・施術内容

 

体験プランを利用するメリット


体験プログラムでリハビリの効果・可能性を感じることができた方へ

もっとリハビリをしたい!という方へ、30日間のリハビリプログラムを提供しています。

※価格は税抜き価格となります。

30日改善リハビリプログラム料金

アクセス

脳梗塞リハビリステーション東京
東京都北区赤羽西1-30-10 ライオンズプラザ赤羽西103号
TEL:03-6868-5760
(脳梗塞リハビリステーションうぃず赤羽駅前店内にあります。)